税金が控除される|おすすめのふるさと納税でキッチリ収めて美味をゲット

おすすめのふるさと納税でキッチリ収めて美味をゲット

男女

税金が控除される

財布

どのような制度か

ふるさと納税は、「納税」という言葉がついていますが、実際には、都道府県・市区町村への「寄付」にあたります。寄付した金額は、その年の所得税より還付、翌年度の個人住民税より控除されます。さらには、寄付金の使い道を指定できたり、お礼の品として地域の特産品をもらえたりすることがあります。ふるさと納税では、寄付先を自由に選べ、生まれ故郷以外の自治体に寄付をしても構いません。寄付先の数にも制限はなく、複数の自治体にふるさと納税を行うこともできます。しかし、全額控除の対象となる寄付金額には、収入や家族構成などに応じて上限がありますので、注意して下さい。また、寄付金控除を受けるためには、原則として確定申告を行わなければなりません。ただし、サラリーマンなどの確定申告の不要な給与所得者等で、1年間の寄付先が5自治体までの場合、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用すると、確定申告を行わなくても寄付金控除が受けられます。

3つのメリットがある

ふるさと納税には、3つのメリットがあります。1つ目は、お礼の品がもらえることです。ふるさと納税をすると、それぞれの自治体から、お礼の品が送られてくる場合があります。お礼の品は、お肉やお米のほか、宿泊券や様々な施設の優待券など、バラエティーに富んでいます。2つ目は、税金が控除されることです。ふるさと納税をすると、自己負担額の2000円を除いた全額が、所得税及び住民税から控除されます。つまり、実質的に2000円の負担で、故郷に貢献できる上に、お礼の品までもらえるのです。3つ目は、使い道を指定できることです。通常、税金を納めてもその税金が何に使われるか分かりません。しかし、ふるさと納税の場合、ほとんどの自治体で、寄付金をどのように使うか指定できるようになっています。

Copyright © 2017 おすすめのふるさと納税でキッチリ収めて美味をゲット All Rights Reserved.