おすすめのふるさと納税でキッチリ収めて美味をゲット

景色

節税を考えよう

風景

サラリーマンもできます

節税というと、会社や個人事業者が行うものと考えている人も少なくありません。しかし、サラリーマンでも節税はできます。サラリーマンにおすすめの節税策が確定拠出型年金とふるさと納税です。確定拠出型年金とは、毎月の掛け金額が所得控除の対象になるというものです。勤め先に確定拠出型年金等の制度がなければ個人で加入することができます。毎月積み立てたお金は退職をした後に年金や一時金の形で自分の手元に戻ってきます。また、運用中の収益は非課税となります。定期預金や定期積金の代わりとして利用している人も多いです。もう1つの節税策がふるさと納税です。ふるさと納税は寄付行為の1種です。ある自治体に寄付をすることで、2000円を差し引いた残りが税額控除の対象となり、しかもお礼の品をもらうことができます。

寄付をしてみよう

数千円からふるさと納税をすることができる自治体もあるので、まとまったお金のない人にもおすすめです。確定拠出年金の場合には、いったん契約をすると毎月支払い続けなければなりません。しかし、ふるさと納税の場合は随時行うことができるので、お金に余裕ができたときに行うという選択肢も取れます。ふるさと納税の返礼品の中でおすすめの商品は和牛やお魚など、普段、スーパーなどで購入できない食材です。ふるさと納税がきっかけで、その地域のことを詳しく知るきっかけにもなります。また、ふるさと納税をするのであれば、年末を避けることをおすすめします。なぜならば、年末には寄付が集中し、欲しいものが品切れになっているケースもあるからです。

財布

税金が控除される

ふるさと納税とは、都道府県・市区町村への「寄付」です。ふるさと納税をするためには、原則として確定申告をしなければなりません。ふるさと納税をすると、お礼の品がもらえたり、税金から控除されたり、寄付金の使い道を指定できたりするメリットがあります。

家族

ふるさとを税金で応援する

ふるさと納税は、自分が生まれ育った場所や応援したい場所の自治体に対し、自主的に税金を納められる制度です。節税効果があるほか、さまざまな贈呈品がもらえることで人気があります。贈呈品は地元の特産物が中心ですが、高価な家電製品などを用意している自治体もあります。

ウーマン

納税の解説

ふるさと納税とは自分の好きな都道府県を選択して寄付を行う制度です。寄付をしてその地域の人を応援して新たな地域の魅力を知ることが出来ます。寄付金を有効活用した社会に貢献でき、その地域の生産者も喜んでもらえるので全ての方が幸せになれる納税制度です。

Copyright © 2017 おすすめのふるさと納税でキッチリ収めて美味をゲット All Rights Reserved.